ソイエで埋没毛になる利用者が急増?<なぜ埋没毛になるの?>

MENU

ソイエで埋没毛になる利用者が急増?<なぜ埋没毛になるの?>

ソイエを利用することの最大のデメリットとして「埋没毛」を挙げているサイト・口コミも多くあります。
この埋没毛とは一体何なのでしょう?
そして、どうしてソイエを使うと起きてしまうのでしょう?
これら理由や対策を見ていくこととします。

 

埋没毛って?

埋没毛とは、皮膚の内側で体毛が成長をしてしまうことを言います。
見た目が悪くなる以外に、ここが炎症を起こして腫れてしまうこともあります。
そのため、埋没毛は美容の天敵となっているのです。

 

炎症

埋没毛が起こってしまう原因にはいくつかありますが、ムダ毛の処理を失敗したり、深剃りなどによって起きることがあります。

また強く引っ張って、抜け損ねることもあるのです。
そのため、ムダ毛処理に失敗すると、どんな方でもなってしまう症状と言えるでしょう。

 

埋没毛はどうすればいいの?

もし埋没毛になってしまったら、そのまま放置していても問題ありません
なぜなら、放置しておけば分解されて綺麗になるからです。
そのため、埋没毛になったからといって慌てる必要はないでしょう。

 

しかし、場合によっては炎症を起こすこともあります。
また見た目もよくはありません。
そのため、レーザー脱毛などを用いて、埋没毛が抜けるのを早めてあげるといいでしょう。

 

ソイエを使うと埋没毛になる?

どうしてソイエを使うと埋没毛になってしまうのでしょう?
それは上手に抜ききれないで、ムダ毛が残ってしまうからです。
そのため、ソイエの除毛方法ではどうしても埋没毛になってしまう可能性があるのです。

 

毛根

しかし、最近のソイエでは「やわ肌ガード」と呼ばれる機能がついています。

これは毛を抜き取りやすくするもので、埋没毛になりにくくする機能です。
そのため、以前に比べると残りにくくなっているので安心してください。

 

 

このようにソイエのような脱毛方法の場合は、埋没毛になる可能性はあります。
しかし、最近のソイエでは「やわ肌ガード」がついているため、こうした埋没毛に悩まされる心配があまりないので安心をしてください。